恋愛ひとりごと

好きの反対は、嫌い、ではなく無関心なんでしょう。

学校教育で考えるなら、

「好き」の反対はもちろん「嫌い」。

答案としては、100点です。

しかし、現実の男女関係ではそうではないのですね。

「好き」の反対は「無関心」なのです。


このレベルまで行ってしまうと、もはや修復不可能なレベルです。


やはり、その前に気づくことが大切です。

「なんとかしなければ!」という意識になって、話をするように心がけましょう。


無関心になってしまえば、生まれ変わっても元には戻りません。

雇用不安、金銭不安、将来への不安、いろいろありますが、

大切なものを失い前に、気づく心の余裕を持たないといけませんね。




|出合いキーワード|恋愛ひとりごと|雑記|

関連記事

相席居酒屋ってご存じですか?最初からリアルに出会える場所なんですよ。
相席居酒屋ってご存じでしょうか? ここ数年で繁華街にウィルスが増殖するように、で...
恋愛上級者として 肉食系女性の生まれた理由は?
恋愛上級者になりたいでしょう?・・・・ だって、もてたいでしょう・・・・?だって...
年の差
愛があれば年の差は関係ない。 良くあるだれもが知っている言葉。 なにもなかった二...
秋は紅葉。冬にはクリスマスが来ますね。
9月になり、暑い夏も終わりそうですが、例年あっという間にやってくるクリスマスには...
女子もネットで出逢う時代へ
平成21年2009年2月「出会い系サイト規制法案」の改正によって、 クレジット...
男性有料が女性には安心でしょう。
女性にとって出会い系はまだ敷居が高いと思う方もいます。 ひとつの目安は、出来るだ...
彼が結婚してくれない
5年以上付き合って、そんな話をしてくれないなら脈はないかもしれません。 しかし、...
別れた彼を忘れる新しい恋探そ。
彼と別れたばかり・・・・。 でもやっぱり忘れられない。 ついなにか理由を付けて連...
ホワイトデー
ホワイトデーまであとわずか。 バレンタインデーで告白した人、うまくいったひとはド...
バレンタインデーこそ勇気を持って
バレンタインデーでも本命には意外にはっきりと言わないで渡すらしい。 女性の恥じら...