恋愛ひとりごと

メル友探しも婚活したい時も同じだね想いは・・・・女の子にとっては。。

トンネルからぬけだしたいだけなんだよね、そんな感じなんだたぶん・・・・。

かすかにもてる希望、ほんのわずかな幸せを感じることができるように・・できるというか

ほんのわずかな幸せを感じさせてもらえる相手だったらいいんだよね・・・。

保守的でもなんでも、後悔しないことだし。。。

決まった相手がいれば感謝して、いなければ出来るように少し探してみて・・・・。

決まった相手がいれば、日頃の感謝を相手に伝えようと思う。これからは・・・。

レジャーや旅行も行ければいちばんいいんだけどね。

サクラがいないサイト、サクラを雇っていないサイトを選ばないといけません。

たいせつなことです。

女性にも関係があるんですね・・・。サクラを使っていない優良なところを利用して

有意義なコミュニケーションをとりましょうね。

恋愛運が上がっていくのも環境が大切です。そうjするとラッキー運もアップして・・・・


友人の意見も参考に、どしどしチャレンジしましょう!

物欲に注意して、人間関係がうまくいくと自分の穏やかな人柄も生きてくるんですね。

周囲の信用も得られるし、幸運にも恵まれる。。。。


出会って恋人と約束したいよね・・・

優良な女性無料のサイトは宣伝も積極的に行っています。

そのかわり男性が有料のサイトが多いんですね。

広告費とか費用掛かるから、有料にしないと致し方ありませんね。

女性は無料のサイトがほとんどだから、女性登録の比率が圧倒的に多い。


男子有料サイトは、女子の比率が多いから、出会いもいっぱいあるんですね。

それに女子としては、それなりにお金出してくれるひとじゃないとね。


男性有料サイトだと、サイト運営もしっかりしているから使っていて安心。

ホワイトデーまであとわずか。

バレンタインデーで告白した人、うまくいったひとはドキドキですね。

バランスの良い食事を心がけて、充分睡眠、も取りましょう。


バレンタインデーもなにもなく流れた人も、運気は続いているので積極的に頑張ることが大切ですね。

バレンタインデーが終わったからといっても、愛情があればきっかけはいつでもつくれるのです。


出逢いの機会は、探せばいくらでもあります。

インターネットも盛んになり時間をお金をかければいくらでも、巡り会えます。

しかし、イイ男性を探す旅を続けることだけで終わっている女性が多い。

自分はいい女性ですか??

相対的評価も必要ですけど、人間として、そして女性として、自分自身のあり方

をまず見つめ直すことも大切でしょう。

もちろんイイ男性にめぐり合い、自分自身を発見、女性としての大切な物を

見つけることができた人も大勢います。


ただ、そうゆう方も、男性に出会う前からこころのありようを考え続け、

自己研鑽に励んだかたがやっぱり多いのです。


求めるばかりでもなく、与えるばかりでもない、まず自分自身を見つけることから

恋愛は始まります。

バレンタインデーまであとわずか!!

出合いに向かうためのコツとしてのメールのやりとりでは、使う言葉が大切です。

敬語なんかは効果的に使うべきでしょう。

相手にもよりますが、年上には、当然馴れ馴れしく接してはいけません。

女性では敬語を使った方が可愛く見える場合も多いのです。

例えば、「チョー〇〇」とか「なんちゅっかー」的言葉はバカと思われます。

特に最初のいわゆるファーストメールで使わないでおきましょうね。


普通にしゃべりましょう。出来ない人は、敬語を使いましょう。

バレンタインデーでも本命には意外にはっきりと言わないで渡すらしい。

女性の恥じらいが見え隠れするんでしょう。

男子も本命とは知らずに、義理だと思って(友達レベルだよ)と思って受け取ることも多いそう。

はっきりしないけれど、女子が会社とかそうゆう組織に属さないで「男子に渡す場合は

本命と思っていいのでしょう。


お金にうるさい女子のこと、、義理ではお金¥はつかいたくないものなのです。義理では。

つまり、「チョコやプレゼントを渡す」という行為は本命の可能性がほとんど。

男子諸君、会社じゃなくてもらったら本命と思うべし!

草食系男子の増加のおかげなんでしょうか、はたまた、

20代前半の男女の所得の逆転なんでしょうか・・・・。

男性より女性がチカラを発揮する傾向ですね。

所得の逆転が大きいのでしょう・・・・

もちろん恋愛も男性より女性が主導権をますます握ってきつつあります。

母性本能を最大限に使って、男性を射止めましょうね。

幸せになるには、積極的に行動することが大切です。

学校教育で考えるなら、

「好き」の反対はもちろん「嫌い」。

答案としては、100点です。

しかし、現実の男女関係ではそうではないのですね。

「好き」の反対は「無関心」なのです。


このレベルまで行ってしまうと、もはや修復不可能なレベルです。


やはり、その前に気づくことが大切です。

「なんとかしなければ!」という意識になって、話をするように心がけましょう。


無関心になってしまえば、生まれ変わっても元には戻りません。

雇用不安、金銭不安、将来への不安、いろいろありますが、

大切なものを失い前に、気づく心の余裕を持たないといけませんね。

彼が結婚しない、してくれない理由として多いのは、

1、他に女がいる。

2、将来が不安で踏み切れない。


多いのは、2。

この不景気。将来不安です。

女性は論理的思考が乏しいので彼がいればなんとかなる!

ってなものですが、男性は論理的思考をします。

故に、先々の展望が開けないうちは不安なのです。

ちゃんと考えている証拠でもあります。


何も考えてないやつほど、いい加減なのです。

ちゃんと考えているからこそ、踏み切れない。

そうゆうことが最近多いですよ。


将来の不安を現実のものとして、一緒になって考えそして、解決するには

どうしたらいいか。

一緒に考える。一緒に解決方法を見つけ出す努力をする。

これが大切です。

そうすれば、一緒になって論理的解決方法を見つけてくれる努力をしてくれる女性には

「なんとかやっていけるな」と思うものなのです。


ポイントはここ!!

女性無料出会い系

1 2 3 4 5