役立ちヒント

出合いに向かうためのコツとしてのメールのやりとりでは、使う言葉が大切です。

敬語なんかは効果的に使うべきでしょう。

相手にもよりますが、年上には、当然馴れ馴れしく接してはいけません。

女性では敬語を使った方が可愛く見える場合も多いのです。

例えば、「チョー〇〇」とか「なんちゅっかー」的言葉はバカと思われます。

特に最初のいわゆるファーストメールで使わないでおきましょうね。


普通にしゃべりましょう。出来ない人は、敬語を使いましょう。

バレンタインデーでも本命には意外にはっきりと言わないで渡すらしい。

女性の恥じらいが見え隠れするんでしょう。

男子も本命とは知らずに、義理だと思って(友達レベルだよ)と思って受け取ることも多いそう。

はっきりしないけれど、女子が会社とかそうゆう組織に属さないで「男子に渡す場合は

本命と思っていいのでしょう。


お金にうるさい女子のこと、、義理ではお金¥はつかいたくないものなのです。義理では。

つまり、「チョコやプレゼントを渡す」という行為は本命の可能性がほとんど。

男子諸君、会社じゃなくてもらったら本命と思うべし!

出会い系もだんだん格差がついてきました。

特に女性の登録が進んでいるサイトは、広告を積極的に展開しているサイトが多いようです。

また、女性は登録も利用も無料のサイトが多く、

サイト内のコンテンツも充実、コミュニティとして楽しくサイトを使う人も増えています。

女性雑誌やレディースコミックと呼ばれる週間誌・月刊誌に広告をひんぱんに掲載している

そうゆう出会い系は、女性登録が多いので男性もすんなり入っていけるようです。

女性雑誌への掲載出会いは男性有料が多いので、まともな男性の割合が多いようですね。

男性は優良のサイトだから、大きく広告も出来るんです。

で、女性会員は無料で使うことができるというわけですね。。。


大量に広告できる良質なコミュで、遊びながら出逢いを楽しむのもいいでしょう。

平成21年2月「出会い系規制法案」の改正によって、

クレジットカードや免許書等による年齢等の確認を行っているコミュニティサイトが多く出てきました。

いまだに、いいかげんなサイトもありますが、大手どころと呼ばれている運営者はきちんとしています。

きちんとしているからこそ大手になったんですが・・・・。


とにかく、法律の改正もあり、

安心してメールや掲示板上からの出逢いに参加しやすくなったので、

良い出逢いを得るチャンスととらえる女性が増えてきているようです。

特に20代前後の男女では、女性の社会進出によって、若年層ほど男女間の給料格差もなく、

対等におしゃべりできる時代になってきているのも大きい要因です。


また、30代以上にとっても晩婚時代を反映してか、積極的にネットで出逢いを求める男女も急激に増えてきています。

なかには、仲良くなってゴールインというカップルももう当たり前ですね。


一昔前の合コンや、パーティとかわりなくひとつの出逢いの形となっています。

女性にとって出会い系はまだ敷居が高いと思う方もいます。

ひとつの目安は、出来るだけ安心できそうかという点。

それでは、男性が有料で女性は無料。


これは必須です。


男性が有料サイトだと、運営がちゃんとしていることが多い。


口コミで良さそうなサイトでさがしてみては。

どんなに男らしいと思える男性でも、

終わったことをいつまでも引きずって、くよくよ悩むことがあります。

男性は女性のように思いっきり泣いたり、慰めてもらったり、

他人に弱音を吐くことはけっこういやなもの。

なので、過去をリセットしにくいんだそう。


面と向かってズバッというと男性のプライドを傷つけることも・・・。

その傷が深ければ深いほど消えにくく、心の奥底に残ってしまいます。

意外に男性が傷付きやすいということを理解しておくと、

より男性とイイ関係を築きやすくなるでしょう。。

恋人や友達と離れているとき、

ひとりで過ごす時間を楽しめない女性って、意外に多いようです。


仲のいい友達といっしょにいるのって、居心地がいいから、

みんなと別れた後ひとりになると、 寂しくなってしまうのもわかります。

恋人や友達と一緒じゃないと行動できないのは、寂しいですね。


確かにひとりで行動していると、寂しい人と見られるのでは・・・?と、

同姓の目が気になってしまうようで。


だからこそ、

時間を有効に使える女性って、とっても魅力的な人が多いんです。

最近は仕事をしている女性を中心に、ひとりで食事やお酒を楽しんでいる

「おひとりさま」が増えてきたので、行動しやすくなっていますね。

普段と違う新しい世界も広がりますので、チャレンジしてみるといいですよ。

出会い系サイト 女性

1 2 3